2011年09月26日

火の舞


アースダンス前夜、



いや、日付が変わったころだから当日か。



会場の真ん中で、葦舟の葦をお焚き上げした。






火が踊る。




火の龍が現れ、




そして日本列島が燃えた。



私にはそう見えた。



日本列島が焚き上げられた。




そして、写した何枚かの写真を見たら、



火の精は、舞を踊っていた。




image-20110926221917.png




それはとても優雅で、



まるで水の舞のように見えた。




不思議な感覚。




火が、水の舞を踊っている。





まるで、火を癒すように。



日本列島を癒すように。






火は、わたしに言った。



恐るなと。








image-20110926222302.png





日の出を迎えた。




火の出。




火の星は、われわれに静かなる美しさを見せる。




水の星は、その火の光を浴びて目覚める。




火と水が出逢う。



そして、いのちが産まれる。




火と水。




いのちの源。




posted by 雅紀与 at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: